虹の橋

虹の橋とは

 虹の橋(にじのはし、英語:Rainbow Bridge)は、飼っていたペットを亡くした人々のあいだで語られている有名な詩です。

最近は「千の風」が一世を風靡しましたが、この詩を読んだ精神世界が好きな人には、あたりまえジャン、そんなこと。という内容かも知れません。

ある意味、ペットもストレスが溜まりまくっている受難の時代でもある昨今、愛犬家のみならず、一度は読んで考える時間をもってもらいたい詩です。

涙もろい方は人目の無いところでハンカチを用意して読んでくださいね。

がんばれワンちゃん、がんばれ愛犬家です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『虹の橋』<英語の原詩>


Just this side of heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge. There are
meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together. There is plenty of food, water and sunshine, and our friends are warm and comfortable.
All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor. Those who were hurt or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by. The animals are happy and content, except for one small thing; they each miss someone very special to them, who had to be left behind.
They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance. His bright eyes are intent. His eager body quivers. Suddenly he begins to run from the group, flying over the green grass, his legs carrying him faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again. The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more into the trusting eyes of your pet, so long gone from your life but never absent from your heart.
Then you cross Rainbow Bridge together......

(Author Unknown)

『虹の橋』<日本語訳 1>


天国の入り口に、虹の橋という場所があります。

この世でだれかに愛された動物は、亡くなるとみんな虹の橋に行くのです。

そこには、みどりの野原や丘があり、いとしいペットたちは、みんな一緒に走り周り、遊んでいます。

食べ物はいっぱい、水もお日さまもいっぱいです。

ペットたちはあったかくて幸せです。

病気だったり、お年寄りの動物も、元気になり若々しさでいっぱい。

けがしたり、手足が不自由なみんなも、こころも身体も元に戻ってます。

遠い昔、この世で一緒に遊んだときのあの元気な姿で。

みんな幸せで満足してます。けれど、ただ一つのことが気にかかる。

心がしずんでしまう。もう一度、やさしいあなたに会いたい、会いたいと夢にみるのです。

みんな一緒に走りまわり遊んでいます。

けれども、聞いてください。

その日がいつか来るのです。

あの子は、はっと立ち止まり、遠くを見ます。

ひとみが輝き、からだが震えます。遊び仲間から離れて、走り出します。

みどりの草を飛び越えて、もっとはやく、もっとはやく走り続けます。

そう、あなたに気づいたのです。

とうとうあなたは夢にみたあの子と出会うのです。

一緒に抱き合って、ただ喜びがこころに満ちます。

もう二度と離れない。

幸せなキスの雨が顔に降り注ぎます。

あなたは、いとしい友の頭をやさしく撫でて、あなたを心から信頼する瞳をふたたび見つめます。

この世でなくしてしまった、けれども決して忘れたことのないひとみを。

そして、あなたたちは虹の橋を渡るのです、一緒に・・・・・・

(作者不詳)

『虹の橋』<日本語訳 2>


天国の入り口に、虹の橋と呼ばれる場所がある。

この世で、とりわけある人と親しい仲にあった動物が亡くなると、そのペットは虹の橋に行く。

そこには、私たちと心通わせた友たちのため、豊かな緑の野と丘がある。

友たちはすべてこの地で共に走りまわり遊びまわっている。

そこにはあふれるばかりに食べ物があり、水と太陽の光が満ちている。

私たちの友たちは、暖かく心地よく過ごしている。

病にかかったり年老いていた動物たちはみな若さを取り戻し、健康で元気になる。傷ついたり、大けがをした動物たちも回復している。

私たちが夢のなかで見る、過ぎ去った日々にかつてそうだった姿の通り、強さを取り戻している。

私たちの友たる動物たちは幸せで満たされている。

ただ一つ足りないものがある。

動物たちはすべて、生と死の境界の向こうで分かれてしまった、かつて心通わせた人々に懐かしさと再び会いたいという願いを持つ。

動物たちは楽しく駆け回り共に遊んでいる。

しかし、そのなかの一頭が突然に遊びをやめ、遠くを見つめる日がいつか訪れる。ひとみは期待にかがやき、憧れに全身がふるえる。

はっとしたとき、彼はわれ知らず群れから離れ、緑の草の上を飛ぶようにかけている。

はやく、はやく、もっとはやく、その足はかけ続ける。

あなたはすでに見つけられていた。

このようにして、かつて親しい仲にあった懐かしい友との再会のときがついに訪れる。喜びに満ちて、あなたと友は互いを抱きしめ合う。

もはや再び別れることはない。幸せのキスの雨があなたの顔に降りそそぐ。

あなたは愛する友の頭を優しく手で撫でてやる。

あなたは、純粋な信頼のひかりに輝くペットのひとみを再び目にする。

失われて久しかった、しかしこころの奥底で決して忘れたことのないひとみを。こうして、あなたは友と共に「虹の橋」を渡って行く・・・・・・

(作者不詳)

出典:ウィキペディアより

 

ページトップへ戻る

   [スポンサードリンク]
   

メニュー

Copyright(C)老犬のケアと介護 All Rights Reserved.