薬の飲ませ方

 動物病院で処方された薬を家庭で飲ませるときは、獣医師の指示にしたがって与えることが重要です。

 薬の量、回数、時間など、服用に関する注意事項は、必ず守りましょう。

 食欲のある犬の場合、薬の飲ませ方で一般的なのは、食事に混ぜる方法です。

 ただ、食事を残してしまうない程度の量のフードに薬を混ぜ、それを全部食べ終わったら、残りの食事を与えるようにします。

 薬だけを残す犬もいるので、食べ終わったら、薬が残っていないか確認してください。

 食事に混ぜる場合でも、ドッグフードを一度に飲み込んでしまえる量の団子状にして、その中に錠剤や粉薬を埋め込む
方法もありますが、うまくいかない場合や、食後や食間に飲ませなければならない薬などは、薬の種別に合わせて工夫します。
錠剤・カプセル

 糖分などでコーティングされていることもあり、それほどいやがらずに飲ませることができます。片手の親指と人差し指で犬歯のうしろを押さえるようにして口を大きく開けさせ、もう片方の手の指先で薬をつまんで素早くノドの奥のほうに落とし、すぐに口を閉じさせます。

 上を向かせたまま、首の下のあたりを軽くさすってやると飲み込んでくれます。

 口に入れて飲ませたつもりでも、あとになって吐き出すことがあるため、完全に飲み込んだかどうかをチェックしましょう。

 また、薬が胃まで行く途中のノドや食道に引っかかっていると、粘膜に炎症を起こしてしまいます。錠剤やカプセルを飲ませたあとは、必ず水を飲ませてあげましょう。
シロップ・水薬

 液体の薬は、必要な量をスポイトなどに吸っておきます。

 液体薬の授与に適した注射器タイプの専用器具もありますが、お弁当用の醤油入れなどを代用してもかまいません。

 最近は100円ショップでも代用できるものが必ず売っていると思います。

 少し上を向かせて犬の顔を固定し、口のつけねあたりにスポイトの先を入れて、少しずつ飲ませます。

 犬が好むように味つけされている薬もありますが、飲んでくれないようなら、ハチミツなどを混ぜると、飲みやすくなります。

 口の中に流し入れたら、しばらくは口を押さえて開かせないようにし、飲み込んだことを確認しましょう。
粉 薬

 分包されたものをそのまま飲ませるのは難しいので、砂糖スティックのような細長い袋に詰め替えて与えるとよいでしょう。

 ハチミツやヨーグルトなどに練り込んで、頬の横から口の中に塗り込んで与えてもかまいません。

オブラートに包んで錠剤のように飲ませたり、水やぬるま湯で溶かして、シロップや水薬と同じように飲ませることもできます。

 また、大き目の犬種であれば、オブラートに包んだ薬を更に一口大の人間が食べるチーズにくるんであげることも考えて見ましょう。

ページトップへ戻る

   [スポンサードリンク]
   

メニュー

Copyright(C)老犬のケアと介護 All Rights Reserved.